外国通貨の特徴

外国為替の市場にはたくさんの通貨があり、それぞれ特長があります。地球上には様々な通貨が存在しており、それぞれ使われています。知名度の高いポンド、ユーロ、ドルなどは取引量の多い通貨です。

 

知名度があまり高くないものとしてはタイバーツや南アフリカランドなどたくさんあります。通貨の特質をよく理解しておくことにより、外国為替証拠金取引FXなどの外貨を用いた投資をする時に有利に運用することができます。

 

米ドルはアメリカの通貨であるだけでなく、世界じゅうのマーケットで流通している基軸通貨です。アメリカ国内だけでなく世界の貿易や投資の中心通貨として世界一の為替取引量を誇ります。不安要素もあり、財政赤字や経常赤字という双子の赤字や、サブプライム問題の影響も見受けられます。

 

そのため、かつてほど世界市場がドル中心に回っているわけではありません。ユーロはEU欧州連合に加盟している25カ国のうちの約半分が使用している通貨で、アメリカドルに次ぐ主要通貨としての位置を固めつつあります。

 

ユーロは現在注目を集めている通貨の一つであり、ドルの次の受け皿として為替取引量は増加の一途を辿っています。豪ドルやNZドルは、近年の好調な国家経済を背景に頭角を現しつつある通貨です。

 

FXなどの投資でも盛んに運用されています。オーストラリアやニュージーランドは資源国であり、順調に経済の成長が進んでいます。金利も高く、外貨投資に非常に適した通貨です。